読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manic-depressiveな日々

精神病質的な日々を送る私がつらつらと・・・

バレンタインデーや恩師について

アップルウオッチ 日々 海外 社会

こんにちは。

 

1:バレンタインデーについて

先日まで街はバレンタインデー一色でしたね。

男子学生はチョコがもらえるかウキウキし、女子学生はチョコを交換する楽しいイベントですね。

社会人は職場に義理チョコを配る日として有名ですが、日本のバレンタインは違うと私の友人は言う。

この友人は、アメリカに居を構えIT関連の仕事をしている。

彼とメールをしていたのだが、彼のところ(職場などに限らず)バレンタインデーでは男性が恋人にプレゼントを渡すそうだ。

それもチョコではなく花や服、犬とかもあったそうだ。

日本ではバレンタインデーは女性が不特定多数の男性にチョコを渡す日なのだが、遠く離れた地では男性が好きな女性(または男性)にプレゼントを渡すという違いが見られる。

果たしてどこからこのような違いができたのか?

多分一生わからないかもしれない

 

2:恩師について

恩師というと、皆高校の先生などをあげる。

まあ私にもそういう先生はいるのだが、やはり私の中で恩師代表とするのは留学した時の先生(教授)だ。

この先生は、日本文化の研究をしている。そのため私の留学期間中ホストとしてホームステイさせてくれた。

異国の地で勉強する私に対して夜にはその地に関する歴史や政治体制に関してそして語学の授業をしてくださった。(もちろんお酒飲みながら)

その先生になぜ日本文化を研究しているのですかと、ストレートに聞いたことがある。

その時彼は、「(大戦中に)なぜ日本は敗戦色が濃くなっても一致団結して戦うことができたのか?それについて考えたら文化について気になったから」といった。

彼にとっては日本人のメンタリティーというものは面白かったのだろう。しかし現代の若者を見たらその先生は幻滅するであろう。なぜならその精神というものはほとんど見ることができないからだ。

来月その先生は来日する。その時彼はなんというのだろうか。今から期待している。

 

では