読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manic-depressiveな日々

精神病質的な日々を送る私がつらつらと・・・

日々感じていることをつらつら

こんにちは。

連日の投稿です。

この記事は先月に書いたのですが、色々推敲していたので今頃の投稿。

 

1:アメリカに関して

トランプさんが大統領就任しましたね。野党側は悲観した目で就任を遠回しに判タしましたね。まあ中道のヒラリーさんがまさかの落選で、宗教保守の政治家を副大統領に据えたトランプさんが当選したわけですからそうなることは予想していました。

さてトランプさんの今後の政策ですが、ブレグジットなどグローバルな連携からの離脱を模倣するようなものを行うと予想しています。

※注 一月に書いたためただの予測だったが、現在そのような傾向が見られる。

就任早々のTPP離脱。予想していたことが起こりましたが、これに関しては日本政府は撤回するように交渉しているようだ。

まあアメリカありきの関係なので、そうなるのは当たり前である。

中道左派傾向であったオバマ政権を否定するような政策を考えている割には、権限交代の時には親しいイメージを残すトランプ氏。はてどのようになるのか?

多分ロシアと親しくなって2強国体制を作っていくのではないかと思われます。

中国は?と疑問に思いますが、ハブかれそう・・・

たぶん基本方針は、アメリカは孤立経済体制をしき、ロシアにはユーラシアで権力を担ってほしいから仲良くなって中東はぶっ潰すそして欧州連合はほっとくって感じでしょうか。ただの予測ですが。

 

ちなみに日本語で権力とは「一時的な力」という意味だそうだ。トランプさんの権力もいずれ堕ちるってことだ。まあ一回気楽に見ていこう。

日和見主義だと言われてもいい。

 

2:欧州の右派と日本の右派について

「欧州の右派といえば?(有名なものという意味)」と政治談義をよくする左派の人に聞かれた。

私は「フランスの国民戦線」と答えた。最近の国際情勢では右派が台頭することが多いそうだ。先の団体も最近元気である。親子二代で代表を務めるルペン女史はなかなか弁がたつ人物である。現政権が社会派であるゆえ発言はかなり目立つ。

しかし、私はいつも疑問に思うのだがフランスの政権が国民戦線に渡った時どのような政策になるのか?

フランスは先進的な制度が多いが、それは排除するのか?

なぜならその制度は人権宣言の則ったものが多いと思われる(自己推測)

日本では保守派の政党が政権を担ったことがないのでわからない。

欧州での事例を見てもわからない。(事例といってもかなり先に戻らないとわからないものだらけだが)

 

3:宗教について

最近(2月)に芸能人がある宗教団体に出家するそうだ。

この団体はかなり有名で、施設はかなり大きいし欧州的な宮殿をファサードにしている団体だ。過去には大学を設立しようとして文科省ともめたそうだ。

やや日刊カルト新聞はこの団体ともめ、記事が裁判になったぐらい強い団体であるとわかる。高校もまあ進学率はいいし、なんかすごい団体だなと思う。

宗教団体恒例の映画や書籍もなんか面白そう(あんまり好きではないが)。

 

話は戻るが、出家という言葉の源はゴウタマ・シッダールタ(以下:ブッダ)が王宮から出て修行したことからと聞いたことがある。

この人は、芸能界という王宮から出て修行するのだろう。別に私は異なる宗教の信者であるため気にしないが今後の活動はどのようなことをするのだろうか?

この人が広告塔になるのは間違いだと私は感じている。他にも著名な人が広告塔になっている事例があるが、あまり良い印象を感じない。

この騒動を大きくすると、報道がただの宣伝位なってしまうのではないかと推測する。

 

なぜなら宗教というものは「道無き人が道を探す」ために入るものだからだ。

だから私は無宗教者などいないと思う。

例えば、受験の時に神社で祈ってしまったら、もう宗教行為を行なっていると考えているからだ。

大人になって無宗教者を名乗るならば、初詣などの行為自体を辞め、過去に行った様々な行為に対して自己反省しないといけないと思う。

かなり過激な意見だと思っているが、有るものから無いものにするにはこれくらい必要だと思っている。

 

だから本当の無宗教者以外はこの人を批判することはできないと思っている。

別に僕はこの団体の信者ではないからいってることは適当です。

適当に見てください

修士論文

こんばんは

寒い日々が続いていますね。

私はモッズコート来て毎日学校で研究する日々です。

 

今日は修士論文審査会の日でした。

先輩の論文を見ると私に刺激を与えるものばかり。

公共施設の提案に関しては興味深く拝聴することが出来ました。

いつもお菓子を食べていた先輩も良い論文を発表ができ刺激を受けました。

 

その後の修士論文打ち上げでは、ビッグボスによる修士論文の書き方等のレクチャー。

経験豊富な先生の言葉を聞くと自分の勉強不足を感じました。

 

そしてビッグボスは我々の研究テーマに関して一つ一つレビューをして下さいました。

私のコンパクトシティ政策に関する研究では、彼の政策に関する否定的な意見を聞く機会があり、その見方があったかと勉強になりました。

しかし私の研究にも否定的な面で見ており、論争・・・

私は政策に関して魅力的なところを感じていたので肯定的でしたが、海外の農村計画を行っている人からしたら机上の空論だと言われ、ボコボコに・・・

 

しかし私はこの研究に誇りを持っているので、いい結果を出せるよう頑張っていきたいなと思いました。

 

来年度は修士最終年。良い結果を出せるように努力をしていきたいところです。

 

では

最近聴いてる音楽 ーキングクリムゾンー

こんばんは。

最近は寒い日が多く厚着をしていく人を多く見ます。

そんな中で、私は最近プログレ熱がまた高まる日々を送っています。

 

その中でもよく聞くのが、「キングクリムゾン」です。

映画やCMなどで聞くことが多い(と思っている)バンドですが、名曲がかなり多いです。

今回は、その中でも聴いて欲しいかつ聴いたことない人でも楽しめる曲をリストアップしました。

 

1:21世紀のスキッツォイド・マン


21st Century Schizoid Man

とても有名な曲ですね。プログレの記念碑的なアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」の一曲目に収録されています。

ファズの聞いたボーカル。そしてジャズの要素を取り入れた音の構成。

車を運転している時などに素晴らしく合う曲なのではないでしょうか?

 

2:再び赤い悪夢


King Crimson - One More Red Nightmare

名盤『レッド』のA面最終曲。ギターとドラムのテクニック博物館と言えるのではないでしょうか?

ボーカルの時のビャンビャンって音は何でできているのか些か不明であるが、ドラマーである私はこの曲を聴きながら運動するのが好きです笑

 


King Crimson: Elephant Talk (live on Fridays)

はい出ました。エレファントトーク。

ぞうさんの声がいいですね。あれボーカルトーキングヘッズに見える?

みんな言います。曲調もそのような感じ。

この曲はスティックを使っているので超絶技巧を楽しめます

 

今回は3曲をのせました。今度気が向いたら続編でも

では

新年を迎えて:アップルウオッチの話など

あけましておめでとうございます

2017年になりまして早10日たちました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

本年は昨年に引き続きまだ学生なので、自分自身の成長を目標に過ごしていきたいと思っております。

 

話は変わりまして、昨年12月にアップルウォッチを買いました。

なぜ買ったのかというと、タスク処理が下手なのと、衝動的に動いてしまう私を抑えるためというのが理由です。

 

まずタスク処理ですが、私はいちいちスケジュール帳とiPhoneに登録しないと管理できないのです。

そこでもともとアップルユーザーである私はiPhoneなどの共有に目をつけ購入を決意。

そして1日の動きを記録してくれるのでどのくらい動いたのか目でわかるのが良いと思いさらに購入欲が(笑)

 

さて使って見た感想ですが、まずタスク管理が楽になりました。

左手につけているガジェットを見るだけでわかるのでグッド!

そして衝動性ですが、一時間おきに「ちょっと待て深呼吸してみ?」

と、アップルウォッチはいうので、考えが収まる傾向にあります。

さらに運動量などがわかるので、1日でどれくらいカロリーを消費したのかがわかるというのが良いです。

つけて以来走ることを日課としだしたので良い傾向と思われます。

 

あとつけていると、物珍しさか、みんな買ったのか?と聞いてきます。

別に自慢するために買ったわけではないとは毎回言い良いところを進めますが、皆あまり乗り気ではありません(笑)

まああまり良い評判聞きませんからねー

今後また便利になったら購入する人が増えてくるのではないかと思います。

 

さて最後に、今年は私の曽祖父の(何)周忌の年なので、御墓参りに行くことを目標としたいです。遠く異国の地にあるのでいくのに大きな決心しないといけないのですが(笑)

早くこの国とは仲良くなって気軽に行けるようになると良いのですが・・・

やはり領土問題というのは大きな問題なのでしょうね・・・

 

ではまた

最近の日々

こんばんは。

最近は持病が芳しくなく引きこもったりしており研究や仕事も溜まりに溜まって消費する日々でした。

なのでこのブログも更新が遅くになりました。

見ている人も恐ろしく更新してないなって思ったと思います。

まあこんなもんだと思います

 

最近気分を持ち上げるために曲探しをひっきりなしに行なっております。

なので最近よかった曲を感想とともに述べていこうと思います。

 

1: Gogol bordello


Gogol Bordello(Гоголь Бордэлло) - Wonderlust King

ジプシーパンクと呼ばれる彼らの音楽はボーカルの方の血筋が流れるスラブ系の音楽を中心にパンクパンクしたがなり拍子で歌っております。

ノリの良いリズムとバイオリン、アコーディオンの音がかなり良いです。

貼りました曲のロシア語歌詞がまたいいんですよー

聞いて見てください

 

2:プルモライト


プルモライト「8回目のマニフェスト」MV ※2nd MA『リインカーネイション』 | Pulmolight「Eighth Manifesto」 MV

あーっなにこの歌詞のダサさとか思いつつすごく演奏の上手さに惹かれる。

全員北海道の方だそうです。サカナクションなど北海道出身のバンドがありますが、最近人気のダンスナブルなリズムはいいですねー

two door cinema club好きな僕からするといいんですが、ロック好きな方はどうなのでしょうか?

 

4:The smallest Creature


The smallest Creature - Reboot

The Twilight Sadみたいな音楽性。すごくいいんですよ

コード感というか悲壮感が出ていていいです。

気分がいい時に聞くとよいかもしれません笑

 

以上今回は3組紹介しました。今後いいのを見つけたらまた書いていこうと思います

 

ではでは