読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manic-depressiveな日々

精神病質的な日々を送る私がつらつらと・・・

横道にそれる書籍紹介−2:零度のエクリチュール

久々の書籍紹介

今回は意識高く哲学書でも・・・

紹介するのは、ロラン・バルトの「零度のエクリチュール」です

 

零度のエクリチュール 新版

零度のエクリチュール 新版

 

作者のロラン・バルトはフランスの批評家で、この書籍がきっかけでフランス文芸界に名を轟かせている。主に記号論に関しての著作が多く、モードの体型などが有名である。 

 

1:エクリチュールとは

本を紹介する前に、エクリチュールってなんだよってところから話は始まるわけですが、簡単にいうと話し言葉(哲学用語ではパロール)に対して用いられる言葉の意味で哲学者によって異なった見解をするので定義は難しい。

バルトはエクリチュールについて「エクリチュールの機能とは、何かを伝達したり述べたりすることだけではなく言葉を超えたものー歴史と、自分の立場とをー知らせているのである。」*1と述べている。

ということは、小説などの文芸作品において書かれた文章というものは、風景などの情景を読者に伝えるものだけではなく作者自身の心情や社会的立場も映し出しているのだと考えることができる。

先に書いた石田衣良の作品

 

frutefrash.hatenablog.com

 では保守派市民団体の物語を描いている。この作品でも読者に保守派のデモ活動を想像させるだけではなく作者自身の見方なども映し出しているのではないのか?

 

2:バルトの考えるエクリチュール

バルト自身はサルトルの影響を受けていたと過去に語っている。

サルトルは文芸作品の社会参加を主張していたが、バルトは文芸作品の形式が作者の自由と責任と倫理とを示しているという。

書籍の中でもバルトは、言語・文体・エクリチュールの3つの概念を表し文芸作品を考えている。言語は、作者に共通した慣習などから構成され、文体は作者自身の過去や経験から構成されるものであるという。

ではエクリチュールとは?これは時代と社会によって制限されるものの作者自身が衣服のように選ぶことのできる表現方法や言葉づかいのことだという。

これは零度のエクリチュールの時に示したものであるが、以後バルトはこのエクリチュールについて考えつづけ、晩年は文学を生み出す原動力そのものとなっていった。

 

3:最後に

今回の紹介はよくまとまらず紹介できたかできていないかでいったらできていないだろう。しかしエクリチュールという言葉はこの本や他の書籍を読まない限り知らなかった概念であろう。エクリチュールについてはJ・デリタなどがテクストを書いているが、もともとエクリチュールについて考えたのはバルトなどである。少しでも興味を持った方がいたら本書を読んでほしい。(何回読んでもわからないところもあるが)

 

稚拙な文章で申し訳ないが、今回は終わりにする。

(批判とか来たら困る・・・仕方ないけど)

*1:pp7

アメリカの向かう方向について

アメリカは米中会談の晩餐会中にアメリカはシリアに対して攻撃をしたそうだ。

艦砲射撃をシリアにぶち込んだ(言葉が悪い)わけだが、なぜそのようなことになったのか。

アメリカの長であるトランプ大統領は、シリアにおけるサリン空爆事件に対して批難するために行ったとされている。

彼は、2つの動画を見て今までのシリア対応を180度変えたそうだ。

 

世界が驚いたことはこれだけではない。

米中晩餐会のデザート中に中国国家主席習近平氏に言ったことに対して驚いている。

これは北朝鮮に対してのアピールであることを報道機関は言っている。

たしかに米中の外交では、北朝鮮問題は大きな課題である。

この攻撃は習近平はどう思ったのだろうか?

それは本人や共産党にしかわからない。

 

この攻撃に対してアメリカ国民半数は評価している。

しかし、トランプの私情(先程の動画を見て心を打たれた等)突発的な行動でしか無いと反対する意見もある。

 

アメリカの攻撃であるが、これは大統領が招集したNSCアメリカ国家安全保障会議)という密室にて協議された後開始するまたは待機する。

これはヴィンラディン暗殺の際にも招集され攻撃の許可をオバマ前大統領が許可した。

トランプ大統領も同様に4から6日間断続的にNSCを行いシリア対策について協議したとされる。

その結果、シリアは攻撃されたのだがこれはトランプ大統領が言う

「アメリカンファースト」アメリカ復興主義(私はこう呼ぶ)の一環では無いかと私は推測している。

国際警察として軍事攻撃を数々おこなったアメリカはオバマ前大統領の際には小規模になっていた。この行動に不満を持つ国民に対して

「アメリカは未だに国際警察として機能している」と宣伝するためなのか?

これは今後の軍事活動を見ないとわからない。

 

シリアを攻撃し、次は北朝鮮であると報道機関で言われている。

しかし最近の朝鮮中央テレビでは子供は大事であるという放送を行った。

これは、シリアと違い我が国は子供を大事にしているぞというアメリカに対する宣伝なのか?まさにそうであると私は思う。

子供を大事にしていると伝えなければアメリカに攻撃され国が崩壊してしまうからだ。

まあそんなことなくても核開発によって、攻撃されると読んでいる。

そのような状況で日本はどうするのか?

 

最近トランプ大統領と安倍首相は電話会談したようだ。

プレスリリースでは、シリア攻撃に対してだが確実に北朝鮮について話しているだろう。

 

艦隊は朝鮮半島に向かっている。

今後は北朝鮮だろう。日本の今後の動向に注目したい

新しい学生の定義

苦学生という言葉は、今でもよく聞く言葉である。

例えをあげると、奨学金をもらいつつアルバイトをして学生生活を送る人などである。

 

ある下級生は苦学生のなかでも苦学生で、アルバイトを2つ掛け持ちながら昼は勉学に励む生活をしている。

このような生活をしていると、体調を崩すのは当たり前である。

下級生が大きく体調を崩したときに、私は率直に「奨学金をもらってアルバイトを減らせばいいのでは?」と意見を言ってしまった。

しかし下級生から意外な言葉が出てきた。

「親の収入的に奨学金はもらえないのです。」

このような言葉をもらい私は困惑した。

大学というものは体調崩すまで仕事をして行くものなのかと考えてしまうほどに。

そのあと私なりに提案をし、結果下級生は教育ローンをもらいながら前よりかよい生活をしている。

 

下級生の問題の後、苦学生のことに関して調べてみたら同じようなケースが多くあることがわかった。

 

なぜそのようになるかは、家庭の問題などもあると考えられるが、少し政府も大学へ補助金を出し大学側も学費を下げるなどして対応するべきなのではないか?

(その前に大学教育を見直す必要があるが)

 

では

卒業ソング

こんにちは

表題どおりの内容を書きます。

 

卒業ソングといえば、「仰げば尊し」や「旅立ちの日に」などが浮かびます。

ただし、高等学校までという区切りです。しかも学校内部でっていう話。

 

時は遡り、高校卒業の際「旅立ちの日に」を歌った。

周りの女子学生は泣いているし、カオスな状況になった。

 

では最近の卒業式の歌とはなんだろうと調べてみたら、

ファレル ウィリアムスのHAPPY...

これは皮肉なのか?

「学校社会から抜け出せてHAPPY!」

そんなことを思って選んだのか?

自分がもしその場にいたら笑うだろう...

別に馬鹿にしてはいないが(いい曲だともうよ。CD買ったし)

 

 

報道に関して

こんにちは。

 

最近報道に関してやんややんや言うネット書き込みをよく見る。

まあ確かに報道の平等性を考えながら見ると「うーん・・・」と思うことがよくある。

 

ニュースでは、共謀罪(テロ等準備罪)について香ばしい話題があり、北朝鮮金正男氏の外交問題なども香ばしい。

まあなんというかそんなことは別の頭いい人に議論してもらいたい。

 

まあ私が言いたいのはニュースリーダーがコメントを残すのはどうかなと思う。

別にどっかのテレビ朝日の深夜のどっかのニュースステーションとは言わないが、別にどうでも良いコメントを残して世間をどうしたいのだろうか。

ニュースリーダーはニュースを読めばいいんだと思う。

NHKのニュースリーダーは淡々と読んでいる。それが民放では出来ないのか?

 

そしてコメンテーターという仕事に関しては疑問がすごく残る。

別にお笑い芸人じゃなくて良いんじゃないのか?

どっかの雑誌の編集長を並べればいろんな論点を見れるのではないか?

まあ一般人代表としてのお笑い芸人なのだろうか?

お笑い芸人って私から見たら芸能人(有名人カテゴリーの一つ)としか見ていない。

 

まあこんなこと言っても無駄だと思うが・・・

 

では。